ブレイクイーブン分析

ニュースと社会

残酷な競争の現代の条件では販売市場における闘争は、実際には各事業体の損益分岐分析を行う傾向です。今日、企業の損益分岐分析は非常に重要な管理メカニズムです。これは、企業で発生した財務状況を正しく評価するのに役立ちます。これには、財務指標の動向を監視し、企業の発展を目的とした一連の措置を策定するための措置が含まれています。言い換えれば、当時、損益分岐点分析は、産業界の経済発展の最も重要な原動力となっています。その根拠として、安定した成長の経済戦略が開発され、国内市場と海外市場の両方に成功することができます。

その実践において、損益分岐点分析は、短期的な資源計画のためのものです。これは、リソースの各単位の取得に関する調査、分析、計画です。これは潜在的な利益を知るために行われます。そして、将来的に - それ自身の生産のより多くの製品を生産し販売する。

無工業化の動き損益の形成を損益分岐点と呼びます。このタイプの管理で受領した収益は、最初に必要なすべてのコストをカバーし、販売された製品の各ユニットのみが利益をもたらします。すべての販売された製品と損害賠償額の差の定義は、利益ゾーンと呼ばれます。企業の利益ゾーンが高いほど、財務的な地位が強くなります。

生産量の影響の依存性、固定費の金額、利益を得るための変動費の合計を調べ、損益分岐点生産量の分析を思いつきました。

会社の財務資源を正しく管理するだけでなく、以下のことも非常に必要かつ適切です。

- 生産施設の近代化、または新しい企業の創設で -

- 価格政策の分野におけるマーケティング戦略の開発;

新しい商業製品の既存の生産への導入または生産プロセスラインからの古い製品の除去に関連する新たな解決策を開発する。

- 出力ボリュームが変更された場合。

損益分岐点分析の主な側面は、平衡点の定義。換言すれば、これは、売上高が発生したすべての費用の合計と等しい売上高のような売上高の所見である。この売上高の増加はさらなる利益をもたらし、減少は損失と金融崩壊につながります。

企業の損益分岐点の分析には、いくつかの段階が含まれています

- 第1段階では、国内外の政策面での事業体の弱点などが挙げられる。技術、生産設備、人員に応じて、可能な限りすべてのコストを最小限に抑えます。競合他社の活動が分析され、販売市場の割合は企業によって管理されます。消費者の好みおよび他の様々な構成要素が考慮される。

第2段階では、変更された価格がアウトプットのコスト要因に及ぼす影響。最後の期間の統計指標の動態を考慮する。措置については、不利な価格変動について協議する。

- 第3段階では、費用が計算されます製造された製品。進行中の作業の量は計画されています。すべての固定費および変動費が考慮されます。現在および固定資産の需要および計画された生産量が決定されます。関連する金融投資が計画されている。

- 第4段階でポイントを決定する損益分岐点。さらに、いくつかのタイプの製品の生産を意味する生産プロセスの構成において、名称の異なる価格、様々な変動コスト、および混合されたコストをカバーする可能性の異なるシェアが必ず考慮される。

- 最終段階である第5段階では、損益分岐点に基づいて計算された変更価格と生産量を考慮して、財務計画の最終的な準備が行われます。