哲学における弁証法

ニュースと社会

哲学における弁証法は思考の方法であり、物事や現象はその形成と発展、相互の密接な相互関係、対立の闘いと統一において考慮されている。

古代では、賢明な世界反対が共存する永遠の形成および運動として表現と団結しています。初期のギリシャの哲学者は、世界の無限の多様性を見たと同時に、スペースと言った - それは美しいですし、完成全体が停止しています。彼らの弁証法は、運動と休息の説明だけでなく、他に1つの要素の絶え間ない変革の反射、別の一つとして浮上しました。

ソフィストの弁証法は純粋な否定:相互に反論しているアイデアやコンセプトの継続的な変化に注意を払うことによって、彼らは一般的に人間の知識の相対性と限界について結論に達し、真実を理解することは不可能であると信じていた。

豊かな闘い

ソクラテスの弁証法
反対のアイデアは何ですか?古代ギリシャの哲学者であるソクラテスの弁証法的な方法が基盤となっており、世界ではなく、単なる口頭ではなく、口頭で彼の考えを解説しています。彼はアテネの住民との会話を主導しましたが、彼は自分の立場を述べなかったが、対話者に質問をし、助けを借りて偏見を取り除き、自分自身で真の判断に至るよう助けようとしました。

最も弁証的な方法はジョージによって開発されたヘーゲル、19世紀のドイツの哲学者:彼の主な考え方は、対立が互いに排除し、同時に互いを示唆することである。ヘーゲルの矛盾は、精神の進化への衝動です。それは、単純なものから複雑なものへ、さらにはますます完成した結果への考えを前進させます。

ヘーゲルは絶対的なアイデアの主な矛盾を見ている:それは非絶対的で有限のものに単に抵抗することができない。
ヘーゲルの弁証法
彼らは絶対的ではありません。 したがって、絶対には限定されたものを含める必要があります。したがって、真実の真実においては、互いに補完する個人的かつ限定的なアイデアの統一があり、それらの慣性から逸脱してより新しい真の形態を獲得する。この運動は、すべての特定の概念とアイデア、霊的および物理的世界のすべての部分を包含する。それらのすべては、お互いに、そして絶対的に、溶けない関係で存在しています。

ヘーゲルの弁証法的な方法は、概念の自己改良のプロセスです。弁証法は、その哲学の方法と内容の両方である。

マルクス主義哲学も使用弁証法的な方法であるが、それは存在と人間の物質主義の概念と密接に結びついているため、より実用的である。まず第一に、社会的であり、厳密には哲学的な矛盾ではない。

弁証法的な方法は、西洋だけでなく、東洋の哲学でも:例えば、中国では、これは陰と陽の概念です - 互いに変わるある現実の2つの異なる側面。

弁証法

弁証法的な方法は、現実の本来の性質を探求するための形而上学的方法に反対している。