今月中に愛を作ることは可能ですか? "For"と "against"

ニュースと社会

自然は、より公平な性行為のそれぞれが生理的特徴を有するように配置され、これは血まみれの放電の膣分泌の過程である。

今月中に恋をすることはできますか?

このため、「月に愛を作ることは可能でしょうか?」という質問があります。女性にとっては、それは非常に重要です。

しかし、上記の生理的特徴は規則的な性質を有する。さらに、ほとんどの場合、不快感、時には痛みを伴う感覚が伴う。その月の間に愛を作ることが可能かどうかという疑問に対する答えは明らかです。月経中に女性が親密になることを望んでいないだけでなく、ハウスキーピングの責任も果たすということは驚くべきことではありません。しかし、より公平な性交の中には、月に何回も恋愛をすることが可能かどうかという問題は、セックスから喜びを得るために喜んで喜んでいるからです。なぜルールに例外がありますか?この理由は、月経周期の間の性的感覚が、この時の子宮が拡大され、性交渉に従事したときのオルガスムがはるかに速いので、「通常の」日よりもはるかに強く明るいことである。その質問を考えてみましょう。「この月に愛を作ることは可能ですか?」 - 性行為中に子宮の収縮がいくらか痛みを鈍らせることを強調する必要があります。

月経中に恋をする

また、妊娠するリスクがあることを覚えておく必要がありますこの時間は "標準"日と比較してはるかに低いです。男性にとっては、月の前夜の女性がより簡単に、より速く興奮していることは興味深いでしょう。

医師の中には、月経周期自体が性行為の障害にはならず、場合によってはこの期間にそれに従事することも有益です。しかし、1つの重要な "but"があります - これはコンドームの必須使用です。パートナーは、月経中の愛を作ることは、感染による「感染」の可能性が多様化するため、ある種のリスクにさらされることを意味することを理解する必要があります。この仮定は、男性と女性の両方にとっても同様に重要です。男性の性的なシステムでは、排尿の器官の病気を脅かす女性の排泄物に浸透することができます。同時に、女性は粘膜のない子宮が病原菌の増殖のための「美味しい」環境であるため、この点でも保護されていない。

月経中にセックスをする

それに関わることをもう一度強調する必要がありますこの期間は、貧しい健康、下腹部の痛み、めまいが特徴であるため、すべての女の子が月経中に性行為に同意するわけではありません。上記の症状は約1週間後に消えるか、そうでなければ医者に相談してください。もちろん、この期間中に親密に入ることはお勧めしません。しかし、上記の問題についての最終決定はまだあなたのものですが、自分を守る必要性を忘れないでください!