コンピュータプロセッサの主な特徴

コンピュータ

「コンピューティングデバイス」という用語は現在すべての児童に知られています。数時間でもコンピュータシステムの要素を見つけることができるので、これは驚くべきことではありません。数学的計算を実行する能力は、トランジスタ - プロセッサの高度な集積度を備えた特殊な微細回路によって提供される。特に、マイクロプロセッサ(CPU)の主な特性は、その動作速度を決定する。そういうわけで、パソコンの所有者はこの問題を理解するために重要です。

今日では、プロセッサの特性を把握し、最適なモデルを自分で選択するための推奨事項を提示します。 「特性」という用語には、内部機能と外部の建設的な実装の両方が含まれます。プロセッサの主な特徴は、まずビット深度です。構成要素の数;操作の速度など

「容量」という概念は、クロックごとに処理できる情報(1回の操作)。バイナリビットはビットと呼ばれます。 8ビットは1バイトです。現代のCPUは32〜64ビットを扱うことができます。特別なタイプのプロセッサは、他の桁の容量(4,128など)によって特徴付けることができます。現在のコンピュータ技術では、64ビットコンピューティングがますます使用されています。

CPUを選択するときは、常にメインを考慮する必要がありますプロセッサの特性どのコンピュータ所有者も、システム全体の速度はマイクロプロセッサのクロック速度によって大きく決定されることを知っている。市場では、同一のモデルを見つけることができ、仕事の頻度だけによってお互いに異なる。クロック周波数は、時間単位(通常1秒間)ごとにチップによって実行される単純な操作の数を間接的に示します。それは特別なクロックジェネレータによって割り当てられ、電子回路で処理されます(乗算されます)。これは周波数なので、このパラメータはメガヘルツ(MHz)とギガヘルツ(GHz)で測定されていることは明らかです。したがって、他のすべてのものは同等ですが、3GHzモデルは2.5 GHzより速く動作します。

プロセッサの主な特徴はビットと周波数で消耗します。 CPUを選択するときは、コア数に注意する必要があります。 「マルチコアプロセッサ」の概念は、文字通り1世代のユーザの前に現れた。新しいモデルごとにクロック周波数を無限に増やすことは物理的に不可能であるため、製造元はいくつかの同一のマイクロプロセッサを1つのパッケージに組み込むことに決めました。したがって、マルチコアCPUがありました。これに続いて、プログラムは特別な方法で最適化され始めたので、マルチコアモデルのみを購入することは理にかなっています。実際、多くの携帯電話でもすでにデュアルコアプロセッサが使用されています。

最終的なスピードを大幅に上回るキャッシュのサイズに影響します。通常のRAMモジュールとは異なり、キャッシュトランジスタはコアと同じケーシングに直接配置されます。これにより、高速データ交換が可能になる。キャッシュメモリには、L1、L2、L3の3つのレベルがあります(ボリュームの増加順に表示されます)。たとえば、256 KBのL2ボリュームが印象的と思われる前に、第2レベルのマルチメガバイトのキャッシュでは誰も驚くことはありません。 CPUを選ぶには、大規模なキャッシュを持つモデルを選ぶべきです。 L3はすべてのモデルで使用されているわけではありません(高速計算を維持しながら)。

以下の特徴が特徴ですアーキテクチャ。開発者によって定義された仕様では、Liano、Sandy Bridgeなどのコード名が示されています。したがって、同じメーカーの新しい世代のプロセッサでは速度が向上します(他のものは同等です)。