Wi-Fiは実際には有害ですか?

コンピュータ

人口密度の高い住人Wi-Fiが健康に有害であるかどうかを知る必要があります。また、携帯電話、コンピュータ、タブレット、または無線通信回線で動作する他のデバイスを使用するかどうかはまったく問題ありません。

wi fiは有害ですか?
市民を囲む高周波電波どこでも、自分のベッドでさえ。この都市は、一人の人間の行動が他の住民に反映される単一の「生物」である。移動通信事業者の基地局の信号さえもひどく「捕らえられる」ことがある村のまったく別の状況。したがって、Wi-Fiが有害であるかどうかについての私たちの記事は、主に都市の住民に関心があります。

誰かが潜在的な危険性を考慮した場合幻想的であれば、その存在を確認するのは簡単です。これを行うには、携帯電話のWi-Fiモジュールをオンにして、周辺エリアをスキャンするだけです。画面上にはアクセスポイントの一覧が表示されます。たとえば、私たちのケースでは、「適度な」Cisco C2970しか見つかりませんが、Wi-Fiが有害であれば、健康状態を悪化させるだけで十分です。ご存知のように、小滴は徐々に石を破壊することもあります。

多くの場合そうであるように、最も認識されている科学者は、Wi-Fiが有害で無駄かどうかという疑問に対する答えを求めている。大きなお金が関与するところでは、真実を見つけることはできません。結論を信じるかどうかは、すべての人にとっての個人的な問題です。

wi fiは健康に有害ですか?
Wi-Fi技術は種類の1つですデジタルデータの無線伝送。各デバイスは、受信機と送信機の両方のモードで動作することができます。 GSM移動通信が主に音声通信を目的とする場合、Wi-Fiはバイナリ交換用です。動作周波数は標準で厳密に割り当てられており、2.4GHzです。このようなワイヤレス接続の利点は明らかです。接続ケーブルを敷設する必要はありません。

それではWi-Fiは危険ですか? 答えは、物理工学コース、電気工学のセクションを思い出してみましょう。 1831年に、有名な科学者M.ファラデーは、電磁誘導と呼ばれる驚くべき現象を発見しました。その意味は簡単です:交番磁界によって閉回路を形成する導体に電流が誘導(誘起)されると、その結晶格子内に自発的に電流が発生します。電界強度のラインが導体を横切ることが多いほど、現在の世代はより強くなる。

wi fiが悪い
電波 - これは最も電磁波ですフィールド。この点は依然として「Wi-Fiは有害なのですか?」という質問に答えることはできませんが、人体への影響(血液、液体、優れた導体)はまだ判明しています。多くの場合、Wi-Fiデバイスの電力はGSM携帯電話の電力の約10倍です。しかし、これは真実の一部にすぎません。コンピュータの電源を見てください - それは小さく軽いです。同じ電力の変圧器は、少なくとも0.5キロの質量を有するであろう。これは、変換のインパルス原理の使用によって達成された。電流を減らして周波数を上げると、出力電力を変えずに保つことができます。結論:GSMのパワーがより高いことは重要ではありません。 Wi-Fiには数倍の周波数があり、その違いを完全に補う。さらに、放射線源が豊富であるために波の干渉現象が発生し、状況を悪化させる。

Wi-Fiの脅威のテーマは非常に広大で、1つの記事の枠組みの中で考えることはできません。すべてのデータは公開されているので、適切と考える人は誰でも読むことができます。