HTMLによるウェブページとフォントサイズの装飾

コンピュータ

初めのWebデザイナーは、Webページのテキストがどのように設計されているかを知るのに役立ちます。これには、配置、色、フォントサイズなどが含まれます。

いくつかのタグがフォーマットに関連付けられています。最も一般的に使用される "p" - 段落。テキストの外観を指定するオプションのパラメータがあります。

フォントサイズ
最初と主なパラメータは "整列"です。これは、テキストの配置を定義し、 "left"、 "right"、 "center"、 "justify"の値を取ることができます。 右側、中央、およびブロックの全幅に沿って、それぞれ、位置合わせされる。テキストの位置は、画面の罫線に対しては設定されず、段落内で設定されます。

次に、 "class"と "id"パラメータがあります。このパラメータは、オブジェクトが属するクラスとその識別子( "style"属性を含む)を決定します。 - それは組み込みのブロックスタイルを設定します。これらのプロパティはすべてCSSに関連していますが、これについては後述します。

タグ「p」は、 1つの欠点があります - 使用できませんフォントの外観(例えば、その色や大きさ)を指定します。これらの目的のために、別のタグ、「フォント」が意図されています。すべてのパラメータによって、テキストの表示方法が決まります。

htmlフォントサイズ
このタグの最初の属性は "color"です。 あなたがそれを推測したように、その中に色が設定されています。このパラメータは、RGBシステムの名前(「白」、「黄」、「マゼンタ」)と値の両方を受け入れることができます。これは次のようにして行われます:最初に#の符号をつけてから、00からffまでの16進表記で3つの数字を指定するか、0から255まで10進数で指定します - 最終カラーの赤、緑、青の数。たとえば、赤色を使用するには、「#ff0000」、黄色の「#ffff00」と記述する必要があります。

次の属性 - 「顔」。フォントヘッドセットを定義します。例えば、それは「のTimes New Roman」または「Tahomaの」に設定することができます。

そして最後に、 "size"パラメータはHTMLのフォントサイズの責任を負います。数値(数値)をとります。

たとえば、テキストを青で、15番ピンのフォント "Comic Sans MS"を印刷するには、パラメータ "p"を定義する必要があります。

color = "#6666ff" face = "Comic Sans MS" size = "15"

htmlでのフォントサイズ
"b" - 太字、 "i" - イタリック、 "u" - アンダースコアなど、特定の種類の書式を指定できるタグもいくつかあります。それらのすべてにパラメータはありません。

テキスト属性をHTMLで指定する - フォントサイズ、ヘッドセット - 非常に不快です。異なるテキストデザインのブロックを交替する必要があるとします。次に、各タグに同じ属性を定義する必要があります。 CSSカスケーディングスタイルシートを使用してこれを実装する方がはるかに便利です。たとえば、前の例と同じデザインの "myclass"というピクチャクラスを作成するには、次の行を "style"タグに追加します。

#myclass {font:rgb(102,102,255) "Comic Sans MS" 15pt;}

ここでは "rgb(102,102,255)"が色を設定し、 "Comic「Sans MS」はヘッドセット、「15pt」はフォントサイズ、名前とピンとピクセルの両方のフォント(「20px」など)で色を設定することもできます。

このデザインを適用するには、タグ "p"を書き込む必要があります。

class = "myclass"

他のテキストを描くのと同じ方法です。パラメータ "class"を設定すれば十分です。 あなたが使用したいクラスの値と比較します。

また、 "myid"という名前の識別子を作成するには、 "style"で記述する必要があります。

#myid {font:rgb(102,102,255) "Comic Sans MS" 15pt;}、

"p"タグで "id"属性に値 "myid"を設定します。

クラスと識別子はほとんど同じです。この場合、1つのタグは1つ目または2つ目のいずれかとして宣言できます。

class = "myclass" id = "myid"

外観を変更するには2つの方法がありますテキスト - HTMLとCSS。 1つまたは2つのブロックを設計する必要がある場合は、HTMLを使用します。同じ書式の段落が多数ある場合は、CSSが便利です。

ご覧のとおり、HTMLでフォントサイズを変更することは難しくありません。プログラミングの主なものは練習なので、もっと訓練してみると成功します!