資格のある専門家は、雇用主にとっての宝です。 1つになる方法

キャリア

現代の専門家の世界では厳しい競争闘争。結局のところ、あなた自身のために裁判官:特定の専門学校の卒業生は - 数十だけでなく、何百と何千もの。しかし、それは選ばれた職業のためのアプリケーションを見つけることができるのは誰もがありません。欠員発表を見ると、最も一般的な表現は「高度な専門家が必要です」です。したがって、問題を研究するための2つの領域があります。雇用主はこれらの非常に専門家を見つけることを学ぶ必要があり、潜在的な労働者はそのような専門家になろうとするべきです。

誰が優秀なスペシャリストと言えるのかを判断する基準は何ですか?

優秀な専門家
まず第一に、徹底した知識はありません。基本のみ - 職業の深さ。つまり、スペシャリストは、すべての落とし穴、潜在的な問題に対処する方法を知っている専門の複雑な瞬間と微妙な点をすべて学んだ人です。だから、あなたは教育なしではできません。しかし、教育は購入してはならない。結局のところ、優秀な専門家は教育に深刻なギャップを持つことはできません。これは、あなたが最初の訓練の日から学生にインスピレーションを与えるために必要なものです。

第二に、優秀な専門家が経験を持つ。さもなければ、彼は単にこの資格を得ることができませんでした。したがって、労働活動の活動を最初に行う必要はない。間違いなく、すべての高等教育機関が練習とインターンシップを提供しています。生徒 - 教師は、教育実習、インターン - 医師の作業を行います。

専門家は
それにもかかわらず、これでは十分ではありません。 結局のところ、雇用者は、「完成品」、つまり、不適切に実行された専門的な活動に対する申し立てを修正したり対応したりする必要がない従業員を得ることに興味を持っています。潜在的な従業員にとって、これは1つのことを意味します。そのような人になるための高度な資格を持つ専門家は、可能な限り早期に労働経験を習得しなければなりません。現在、学生のワークアウトはかなり一般的であり、シニアコースではほとんどすべてが働きます。あなたはほぼすべての年齢で選ばれた職業で自分自身を実現することができます。インタープリターになりたい場合は、小規模な注文から始まり、「自分で」の記事を翻訳して、スキルを身に付けるだけでなく、新しい知識を習得するだけでなく、ポートフォリオも作成します。

それは、医者については、言う、悪くはないこのアイデアは、研修の初めに、小学校の医療スタッフの仕事になるでしょう。秩序と低賃金の仕事をさせてください、しかし、それはあなたが内部から、基礎から、小学生からヒーラーの職業を学ぶことができます。

仕事の活動

高い資格は絶えず発展しなければならない。 ですから、私たちは専門的に改善する機会を逃してはいけません。将来を見据え、雇用主は従業員の継続的な発展を保証します。しかし、専門家自身が関心を示すべきである:専門文献の読んだり、セミナーやマスタークラスに参加したり、追加の訓練コースを受講する必要がある。そしてもちろん、あなたの業界のすべての現在の出来事に遅れないようにしてください。ここでも外国語の知識がなければできません。しかし努力と努力はうまくいくでしょう。優秀な専門家のために、雇用主は積極的に戦う準備ができており、プロフェッショナルを維持するための最良の条件を提供します。