適合の確認適合性評価の原則と目的

キャリア

コンプライアンスの確認は確認です製品または他の物が実装および利用、保管、使用、製造プロセス、契約条件、基準の条項に合致するという事実が文書化されています。製品の納品に関しては、規格やその他の規範文書に定められている要件に納入された製品の適合性を確認する文書が最近非常に重要になっています。

コンプライアンスの確認書 - これは標準の規定と技術規則の条項、契約条件、それがドキュメンタリーである製品またはオブジェクトの適合性の証明の手順。

そのような支援文書は、結果三者が参加する手続き。原則として、関係者はバイヤー(第1パーティー)とサプライヤー(第2パーティー)を表します。第三者とは、関係者が検討している事項において独立して認められた個人または団体です。原則として、関係者はバイヤー(第1パーティー)とサプライヤー(第2パーティー)の利益を表します。

コンプライアンスの確認には、以下の目標があります。 コンプライアンスの確認の実施中に取得された情報に関する商業秘密の遵守を保証する。物品がロシア連邦の領土を自由に旅行することができる一定の条件の創設、国際貿易、科学技術、国際経済協力のための条件づくりロシアおよび国際市場における作品、サービスおよび製品の競争力を高める。サービス、作品、製品の有能な選択におけるバイヤーへの支援;生産、輸送、保管、運営、販売および使用、サービス、作業、またはその他の目的のプロセスの標準、技術規則、契約条件への適合の証明。

適合性評価の原則は以下のとおりです。以下の点が挙げられる。申請者の財産権の保護、コンプライアンスの検証時に受け取った情報に関する営業秘密の遵守を促進する。特定の自主的な認証制度を含む自主的な遵守の確認を確実にすることの強制不可能。コンプライアンスと消費者コストの強制的な確認期間を短縮する。特定の製品のスキームとフォームのリストの編集。必須要件が定義されていないオブジェクトに対する必須確認を使用することが不可能である。これに関心を持つ人に対する遵守確認の方法に関する情報のアクセシビリティ。

承認が開発され、適用される製品の原産地、輸送、保管、運送、処分にかかわらず、同等の方法で、かつ同等の方法で、同様に適合することを保証するものではありません。

実際には、遵守の確認を任意のものに置き換えることは容認できません。

コンプライアンスの自主的な確認自主認定の形で申請者のイニシアチブに関する認証機関と利害関係人との間の合意に基づいて行われる。製品、生産、使用、保管、輸送、サービスおよび作業の販売および使用、その他の施設に関しては、協定、自主認定制度および基準によって要件が確立され、自主認定の対象となります。