針仕事と創造性:革の自己塗布

趣味

皮膚は自然で緻密な物質であり、そこから耐久性のある工芸品を作ることができます。彼らの主人にとって彼らは恩恵だけでなく、審美的な喜びにもなります。材料のコンプライアンスのために、皮膚、アップリケ、お土産から様々な花を作ることが可能です。

レザー用途

古い肌の準備と修復

手作り品を作るために古い革を使用する前に、それを準備する必要があります:

  1. Vypryvayut利用可能なジッパー、ライニング、raspryvayutすべての縫い目と肌を整えてください。
  2. この材料は洗濯するのが最善ではありません。温水で洗浄した。洗濯すると、動物、植物性油脂、ミネラルオイルが洗い流され、肌を柔らかくしなやかにするからです。 5分以内に水に浸してください。
  3. グリセリンで表面を潤滑することで、色を復元またはリフレッシュすることができます。
  4. 湿った処理の後、皮膚をまっすぐにする。 濡れた布を合板の片面または間違った面を上にしてボードの上に置き、カーネーションの助けを借りて縁の周りに固定する。革の小片が小さい場合は、プレスを使用することができます。
  5. 皮膚の弾力性は、肥育。革の湿潤片を油(ヒマシ油)を含浸させます。そのような溶液の効果的な吸収のために適用される:1オイル50gで卵白を泡立てるします。

レザーの自己塗布

皮膚からのアプリケーションの利点は彼らのエッジが崩れることはなく、材料は耐久性があり密度が高いという事実。あなたが排他的で興味深いものを作ることができるので、小さなスクラップからも、古い革の袋、ベルトや靴を取り除くために急いでする必要はありません。

皮革の衣服への応用

肌の残骸で、あなたは飾ることができますさまざまなものを復元する。革の円は、ニットのミトンや手袋の手で縫い付けられ、すぐに摩耗する場所が太くなります。さらに、皮膚からの適用は指先に縫い付けられる。

オリジナルの革の用途は、セーターの袖やジーンズの膝で飾ることもできます。スタイリッシュなメンズジャケットのように見え、スリーブもレザーインサートで飾られています。

革製の工芸品

それとは別に、装飾科目について話す必要があります皮膚から。好きなものを作って飾ることができます。最小のスクラップでも革工芸品を飾ることができます。より頻繁にこの目的のために中心に対称的に配置された花びら、三角形、円の形のパターンを選択してください。

今日まで、ファッショナブルな女性の革製のアップリケ付きハンドバッグ。また、デザイナーのアクセサリーが高価な場合、自分の手で装飾された製品はコストが低くなり、結果はより元気になります。

革製の工芸品

珍しい革製のキーリングを作ることもできますあなた自身。テンプレートによれば、2つの部分が切り取られ、それらは手作業または手動で縫われ、切れ目は鋭いはさみで切断される。事前に、可能な取り付けオプションを検討し、必要に応じて部品間にループを置く必要があります。

革製の他の工芸品があります。スタイリッシュなクラッチ、イヤリング、ペンダント、ノートブック用のカバー、パスポート、その他のドキュメントなど、珍しいものを作成することができます。

革の衣服への応用:ヒント

革のアプリケーションは美しい飾りになりますどんな服でも。すべての生地が革の要素で装飾するのに適しているわけではありません。基礎として、あなたは、皮膚の重さの下でその形状を失わないかなり強い材料を選択する必要があります。完璧な選択肢はドレープ、ギャバジン、またはフェルトです。より軽い布を飾る必要がある場合は、肌の細部を小さくする必要があります。

レザー用途

このように服を飾る場合、色の理想的な類似性を得る必要はありません。この場合、肌のアプリケーションは装飾としてのみ機能するからです。

あなたが装飾を始める前に、あなたは紙のスケッチを作る。不要なものを追加または削除することで修正できます。肌の色と色合いが異なるので、カラフルなデザインができ、衣類の独占性を高めることができます。

革の部品を固定するために、2つ方法:革の部分は、布に縫い付けたり、縫製することができます。第2の方法は、事前に細部の全周に沿って砲弾で穴を作る必要があるので、より労働集約的である。

レザー用途

作業を開始する前に、すべてのツールを準備することが非常に重要です。彼らはあまりにも多くの努力をすることなく皮膚を切断することができるように鋭利にする必要があります。

自分の手で肌からの花

革の花は印象的でスタイリッシュに見えます。 革製のこれらの工芸品は、ブローチや衣服やバッグ用の他の装飾の役割に容易に対処できます。彼らはまた、髪の装飾の装飾的な要素になることができます。

適用の皮膚からの花

この種の針で自分自身を試してみたい職人は、簡単な革の色から始めることが推奨されます。彼らの実装のために、あなたは少しだけ忍耐と努力、便利な材料が必要です。

革は最も古い材料の1つですが、その人は使用を開始しました。しかし、今日では、関連性を失っていません。革製品、手工芸品、お土産、宝飾品、靴、衣服、家具などのインテリアアイテム - これはこのユニバーサルマテリアルのアプリケーションの全リストではありません。