償却。すべての起業家はこれを知るべきです!

財務

償却は長い時間を要します。彼らの助けを借りて生産された製品のための疲れた労働の元々のコスト(すなわち、基本的なコスト)。この用語自体は、 "返済"と解釈されるラテン語の "amortisatio"に由来します。減価償却も加速している。これは控除のプロセスであり、平均または現在よりも高いレートで行われます。

減価償却は金融商品である疲労に対する補償、および固定資産の漸進的な悪化が含まれる。彼らは金銭の形で存在し、その後建設や修繕のために送るだけでなく、新しい労働手段の生産も行っています。それらは、主な資金の目的の価値に関して厳密に定義された規範に従って生産される。控除は通常、流通または生産の費用に含まれます。減価償却期間を見つけるためには、SRTをそのノルムに分割する必要があります。

減価償却率とは何ですか?

これは、労働手段の磨耗または失われた部分の原価の年間払い戻しの所定の割合です。

会計における減価償却費

今日まで、会計目的で償却を計算する方法は4つあります。

1。 第1の方法は、残渣を減少させる方法と呼ばれる。各期間について、減価償却の総額は、残余の価値に厳密に定義された割合を掛けたものに等しくなります。毎年、減価償却費は年初の残高の額に計上されます。

2。 減価償却が行われる線形方法。これは原価から残価までの減価償却の均一な発生です。それは労働手段を使用している期間中行われます。現在の残存価値(現時点で存在する残存価額)は、資産の累積減価償却額を原価から差し引くことによって決定できます。

3。 初期費用を償却する方法は、行われた作業(または生産された製品)の量に比例します。この場合、プロセスは特定の自然なインジケータ(例えば、装置を使用する時間 - 機械または機械)に基づいて行われる。

有用な人生の量に基づいて、費用の漸進的な償却の方法。

税務会計における減価償却費

税務会計では減価償却はどのように行われますか? これは本質的にむしろ正式なプロセスです。なぜなら、実際の摩耗や裂傷ではなく、減価償却に関する法的な制限を記述しているからです。彼らは所得税ベースを減らすことができます。税務会計では、減価償却制度を減額するには、線形と非線形の2つの方法があります。会社は減価償却の方法を選択する必要があります。義務的な条件は、有用な使用期間中、オブジェクトのグループに対する選択された方法の使用です。

現行のロシア税によると法律、会社の財産は償却不可能であり、償却されています。後者は、企業または組織の財産であり、知的な仕事の結果の形で表され、収入を生み出すために使用されます。減価償却不能財産との違いは、減価償却費が発生することにより、この費用が償却されることです。不動産は耐用年数が12ヶ月以上で初期費用が4万ルーブル以上であれば減価償却として認識されます。

どの企業の管理者も、減価償却とは何ですか?これはあなたの会社の収入を正しく計算することを可能にし、装備が摩耗しているか、または故障しているときに赤いままにしないでください。