文書の受信と送信の行為は重要な文書または形式ですか?

財務

文書の受け入れと譲渡は一種のあるソースから別のビジネス文書への転送が行われる公式の文書。この文書は、取引相手の間で締結された契約の不可欠な部分です。行為は、そのような紙を必要とする会社の要請によって策定されます。

他の文書と同様に、この公式紙に法的強制力がある。したがって、当事者が受諾移転行為に署名した後で、契約者が以前に署名した契約について紛争が生じた場合、裁判所は、この形式の正式文書の存在を考慮する。

私たちの国の法律は、この論文の公式に確立された形式が提供される。したがって、いずれの企業も、GOST 6.30-2003の勧告を遵守し、文書に必然的に反映されなければならないポジションを提示する標準的な受け入れ移転行為を独自に開発する完全な権利を有する。企業が独自に開発した行為には、必然的に以下の要件が含まれています。

  • ドキュメントの名前(タイトル)。
  • 現在の日付とコンパイルの場所。
  • 文書の受理および譲渡の行為を構成する企業の正式名称。
  • 本書の作成に直接携わった人物の氏名と役職
  • この受諾移転行為が対処された企業の正式名称。
  • この文書の対象となる人物の氏名と役職
  • ある人から他の人に転送される文書のリスト。
  • アプリケーションに割り当てられた登録番号。
  • 紙を引き渡した責任者の署名。
  • 文書の受け入れと譲渡の証明書を作成した企業の印刷物。

の数を指定する必要があります送信される文書のコピー。元々送られてきた論文に最大の注意を払うべきである。これは、文書が失われた場合の行為にも反映され、上位機関で手続を行う必要があります。したがって、損失を避けるために、移転されたすべての証券のコピーを作成することが望ましい。

この行為は二国間文書なので、2部構成にする必要があります。第1の文書は、文書が作成した企業のままであり、第2の文書は、移転および受諾行為が意図される企業に移転される。

訴訟の承諾および譲渡の行為

監査を実施する場合、ビジネスを取り、アカウンティングのステータスを完全にチェックする方法はありません。退職した主任会計士は非常に多くの場合、未完成の仕事や間違いの多くを残す。新しいチーフ・アカウンタントは、他人の責任を負いたくない。

最も明白な解決策は、監査人の招待です。 元最高責任者の解任の日現在、彼らは審査を行い、会社の財政状態およびそれが特定した違反に関する完全な報告書を提出する。しかし、審査員の招待は高価であり、特に、主任会計士は一度も変更できないので、すべてのマネージャーがそのサービスの支払いに同意するわけではありません。したがって、ほとんどの場合、テストは単独で実行されます。

この目的のために、受信および送信の行為(テンプレートは企業自身によって選択されます)。行為には、事件を処理する者(次のチーフ・アカウンタントまたは職務を遂行する者)および手数料のメンバーに、事件を処理する責任者、最高責任者が署名する必要があります。そのような行為の2つのコピーが集められる。 1つは会社の経理部門に残され、もう1つはケースを担当する部門に与えられます。

本質的には、解雇は、容認された書類のリストであり、違反の確認中に発見される。彼は移転の時に反映している。通常、この行為には、一般的なものと基本的なものの2つの部分があります。ほとんどの場合、このような受理および移転の行為は、会計士と監督が解任されたときです。