総給与はどれくらいですか?

財務

仕事を探しているとき、ほとんどの応募者給料が総額で表示される顔広告。それは何で、その額は何か、全部ではないことを理解する。このコンセプトに沿って、純給与があります。彼らは何が違うのですか?

総給与とは何ですか?

総給与は

ソビエト時代でさえ、国家は誰もが興行所で受け取った給与税。その月の終わりに手に受け取った給与は「クリーン」と呼ばれ、雇用契約に示されている給与は「汚い」。ソビエト後のロシアでは、純賃金や総賃金を含む多くの新しく馴染みのない外国の言葉が登場した。これは依然として多くの応募者を困惑させるものです。

すべての賃金は収入の対象となります税金は13%であることが知られています。組織の従業員が5万ルーブルの給与を受け取った場合、税金を控除した後、43.5ルーブルを手に取ります。この場合、50,000は総給与であり、43.5 - 純額である。総給与は所得税を控除する前の給与、すなわち「汚い」であることが分かります。

あなたが特定の組織にいるとき、質問特にロシアでは賃金が急上昇している。潜在的な雇用者または募集機関の中には、申請者が会計用語になじみがないことを希望して、総給与を広告に表示するものがあります。彼らは空いているポジションの候補者をだますのではなく、単純に巧みに無知を使い、その後誤解が生じていることが分かります。

「総額」と「いいえ」の賃金の違いは何ですか?

それは何ですか?

わが国では、労働者の過半数が銀行カードではなく、封筒で賃金。これらの金額では、原則として、税額控除および保険料の拠出は行われません。発表では、雇用主は従業員が実際に受け取る金額を書いていない。

決定的な役割は、心理的アスペクト。グロス給料は求職者のためのトリックです。私たち一人一人は手で87千人ではなく100人を受け取りたいと思っています。したがって、より多くの報酬が出されている発表にはもっと注意を払うべきです。

ネットは銀行カードで従業員に来る。これは白い給料です。したがって、仕事を探しているときに、非常に魅力的な額を見た場合、雇用者が何を意味するのかを調べます。

あなたは総額を知っている場合はどのようにネットを計算する?

総給与

「白い」賃金を計算するには、簡単な計算をする必要があります。総給与は所得税のない金額(個人所得税)です。次に、「白い」給与=総額から13%を引いたものです。たとえば、総額は30,000、ネットは26100、個人所得税は3900です。給与ネットは従業員の月収です。

ネット=常に13%ですか?

必ずしもネットとグロスの差は13%ではありません。 雇用者は個人所得税の税額控除を行います。従業員は残りの税金を独立して支払う。つまり、組織はこのプロセスに何らかの形で関与していない。

それほどずっと前にNDFLはすべての働く市民のためだった同じ。しかし、最近、人口の一部のカテゴリーにこの税金を払う特権があるという法律が出されました。例えば、18歳未満の子供の親と、認定された教育機関に入学した成人は、それほど費用がかかりません。したがって、総賃金と正味賃金の計算はすべての人にとって同じではありません。

総給与は受け取った金額です自然人の収入に対する税金を控除しないで通常、応募者は、公的であり、所得税の対象とならないので、封筒に給料を支払う雇用者を優先します。しかし、将来の年金の規模に直接比例するため、すべての賃金は「白」である方がよい。応募者は、発表に記載されている給与額に注意を払う必要があるため、後で誤解はありません。