会計士の職務および職務

財務

会計士は、企業における経済財務会計のドキュメンタリー行為である。彼の仕事では、会計士は現在の法律の確立された規則に厳密に従います。

会計処理の主な分野には、固定資産、賃金、現金、通貨操作、倉庫が含まれます。

会計士の職務

さらに、多くの大企業では優秀な会計士の全員があります。各会計士は、特定のタイプの活動を扱いますが、各会計士は自分の任務を持っています。

  • 会計;
  • すべての主要文書の受信と管理
  • 賃金の計算。
  • 現物及び固定資産、並びに様々な商品及び重要な資産の移動を伴う取引の実施。
  • 保険サービス、税務サービス、労働組合または年金基金への金銭の控除。

会計士の職務:

  • 大きなキャッシュフローを処理する能力。
  • 税金と労働基準の知識。
  • 特別会計プログラムで働く。
  • 統計、経済、数学の基礎知識を習得すること。

優秀な資格のある会計士あらゆるタイプの会計を理解し、それに応じて税法を理解することは、企業の不可欠な従業員です。そのような専門家はしばらくして、チーフ・アカウンタントの立場を正当に占めています。しかし、結果として、会計士の責任も増加します。

会計士の職務

会計士の職務

会計士の職務は次のとおりです。

  • 企業における会計処理;
  • 資源の合理的かつ適切な利用を直接目的とした開発およびさらなる活動への参加;
  • 主要文書の受信と監視
  • 現金及び固定資産、棚卸資産の一定の移動に関連する取引の会計処理の反映。
  • 税金その他の計算と移転地方と連邦の予算の集まり、銀行機関への様々な支払い、余分な予算の公的資金への保険の寄付、給与計算など。
  • 投資家、債権者、管理者、監査人に信頼できる会計声明を提供する。

さらに、会計士の職務作業帳票の開発。組織の財務および経済活動の経済分析の実施に参加する。書類の保存;組織の会計に関するデータベースの形成、蓄積および維持;頭部の個々の命令の実行。

会計士の資材に関する義務

会計士の資材に関する義務

会計の方向に応じて活動、会計士は、特定のタイプの活動を行うことができますので、彼らは彼らの責任があります。材料の会計士の職務は、監査の得られた結果のタイムリーな処理を企業の財産で利用できる会計の実施のための組織の経済活動のドキュメンタリー監査の伝導を含め、不備や違反の原因を修正することを目的のオブジェクトの頭に必要な勧告を提供し、固定及び金融資産の信頼性を制御、収入と費用の書類の登録、事前報告とd ugoe。

会計士は、組織 - 雇用者、ならびに州および非州の統制機関に対する重要な責任を負います。