マンゴー - 果物はオリジナルです

飲食

マンゴーは徐々に征服する果物です私たちの心と台所の場所。彼は世界の熱帯果実の代表者の一人です。現在までに300種類以上のマンゴーがあります。果物はとても人気があり、新しい種や品種が登場しています。しかし、欠点があります。熟度を決定することは非常に困難です。緑色の果実は黄色より熟して甘くなることがあります。しかし、マンゴーフルーツを買うとき、最も熟した人を選ぶ方法はまだありますか?

これに役立つ一つの方法があります - あなたの手のひらの果実を取って、花柄の領域で香りをつけてください。繊細なフルーティーな香り(熟していないマンゴーはにおいがしません)を感じ、軽く果物を押してください。弾力があるはずです。ピールに特別な注意を払う - それは光沢があり滑らかでなければならない。しかし、もし家庭でまだフルーツが熟していないことが分かったら、落胆しないでください。暗い紙に包んで、暖かく暗い場所に約1週間入れてください。この間、彼は成熟し、自分の好みであなたを喜ばせるでしょう。熟成のために冷蔵庫に入れないでください。このプロセスは非常に遅く、まったく停止できます。

非常に広い範囲を持つマンゴーフルーツ有用な特性。それはビタミンA、B、C、D、Eが豊富ですが、マルチビタミン組成物はマンゴーの主な利点ではありません。この果実はアミノ酸が豊富で、置き換えられないと呼ばれています。これらは人体を作り出すことができず、食物でしか得られないアミノ酸です。

マンゴーは実用的な性質を持つ果物です細孔が研究され、加えられる。その誘導体は医学において広く使用されている。あなたが塩と蜂蜜と一緒に使用する場合、下痢、赤痢、痔のための優れた治療法です。マンゴーは緊張を和らげ、気分を促し、ストレスとの戦いに役立ちます。また、マンゴーは優れた媚薬と見なされる果物です。

しかし、医学ではパルプだけでなくマンゴー、およびその葉。彼らは視力と糖尿病の問題を助ける煎じ薬を準備し、また心臓血管系を強化します。このスープは、静脈瘤を有する人に有用です。マンゴー種子は喘息に使用されます。あなたが定期的にマンゴーを食べるなら、永遠に胸焼けを忘れるでしょう。

しかし、マンゴーを食べるときには、すべての人が見られるわけではないことを忘れないでください。禁忌があります:

  • 手袋でマンゴーをきれいにする。多くの人にとって、マンゴーの皮膚は強いアレルゲンですが、アレルギー自体は通常肉体そのものではありません。
  • 過熟した果物を過食すると、疝痛が起こり、胃粘膜の炎症が起こります。
  • 過熟した果実、便秘、蕁麻疹、さらには発熱も可能です。

ご覧のように、この胎児の体に与える影響は、直感的ではありません。この点で、果物であるマンゴーのような特有のものを見つけることは困難です。

この南を料理するためのレシピを選択する方法胎児?まずそれを掃除する必要があります。これは特別な方法で行われます。マンゴーを2つの部分に簡単に分けることができるように、側面に2つのノッチを作る必要があります。その後、骨が取り除かれ、肉が直接皮膚の立方体に切断され、その後、マンゴーの半分が裏返されると、ヘッジホッグが得られます。今あなたはマンゴーを食べることができます。熱処理をすると果実はほとんどすべての有用な性質を失うため、果肉のサラダ、カクテル、または単にスプーンで食べるパルプを生のままにすることをお勧めします。マンゴーは、既製の料理を飾る、または伝統的な日本の寿司やロールを作るのに最適です。

主なものは、すべての点で措置が必要であることを忘れないでください。このジューシーな甘いパルプを過排泄しないでください。これはあなたに害を及ぼし、善良ではなく腸の障害になります。あなたがフルーツのファンであれば、それらを定期的かつ必然的に範囲内で食べることが望ましいです。