あなた自身の木の椅子を作る方法:プロセスの特徴

ホームコシネス

多くのオーナーが家をデザインしようとしています彼自身の手で家具。あなた自身もあなた自身のスツールを作ることができます。たとえば、自分の手でキッチン用の椅子を取り付けることは簡単です。この場合、時間がかからず、特別な知識は必要ありません。あなたは、製品の図面を描くだけでなく、必要なツールを収集する必要があります。材料に関しては、木は仕事で最も頻繁に使用されます。

どのような道具や材料が必要ですか?

自分の手の椅子
椅子は、そのような機器の助けを借りて作られています:

- ドリル;

- 電動ジグソーパズルまたは小さな歯のこぎり。

- サンドペーパーとチゼル。

- 平面;

- 釘のハンマー、建設用ステープラー。

- 折りたたみチェアの場合、特別な留め具が必要です。これは、製品を確実に固定するためのものです。

材料については、オークはあなたに合っていますが、ブーツや松の梁(ジャンパー)、シートと背もたれのためのエッジボード。当然のことながら、木材は十分に乾燥していて、亀裂、割れ目、結び目などの欠陥を含んではいけません。あなたが柔らかいシートで自分の手の椅子でデザインしたい場合は、フォームと室内装飾布が必要です。この材料を固定するためには、ステープルを備えた接着剤またはステープラーを適用することが望ましい。

どのようにデザインを作る?

自分の手で木製の椅子
原則として、このプロセスは難しくありません。 まず、将来の製品の図面を紙に描く必要があります。この場合、すべての寸法を正確に示します。その後、作業は一定の順序で行われます。

1。 将来の製品に必要なすべての要素を準備します。このためには、4本の同じ長さのバーを切り取る必要があります。そこから、脚を構築します。さて、これらの要素では、シートの底辺だけでなく、歩道のノッチを切り取る必要があります。この目的のためにチゼルを使用してください。同じ段階で、ビームを「栽培」してください。エッジがより柔らかくなり、溝からの移行がよりスムーズになることが望ましいです。未来の足をすぐにサンドペーパーで砂にする必要があります。

2。 次に、椅子を次のように構成します。踏み台、横(縦)ベースを製造します。それらは、わずかなバックラッシュがなくてもすでに準備されている溝にしっかりと収まるように切り取られるべきである。

3.今度は、背もたれのために2本の梁を見てから、椅子のベースに取り付けます。

4。 準備されたすべての部品を研磨し、塗装する必要があります。ビームのエッジはわずかに丸くなります。今度は、構造を組み立てる必要があります。この場合、スタッドと溝を可能な限り接続するために、ネジで固定することもできます。その後、カッティングボードから背もたれとシートを作る必要があります。

5.今、あなたは椅子を柔らかくすることができます。これを行うには、必要な場所に泡をつけます。

この場合の便は、背もたれがなくても同様に構成されている。

折り畳み構造を構築するには?

あなた自身の手で折り畳み式の椅子
あなた自身の手で折り畳み椅子を作ってください複雑ではない。この場合、あなたは通常のスツールよりもはるかに少ない材料を取るでしょう。このためには木材が必要です。背もたれと前脚にはシールドが使用されています。要素は移動可能です。背もたれは木製の梁で作られています。次に、薄いスラットを釘付けにする必要があります。

座席は、木製のラス、合板または高密度の布から構築する。製品を特定の位置に固定するには、シールド上に特殊なスパイクを切ってください。シートベースには金属ピンを使用できます。

ご覧のように、自分の手で木製の椅子を取り付けることは難しくありません。想像力を発揮すれば、本当の傑作を作り出すことができます。