家庭で前立腺炎を治療する方法

ホームコシネス

前立腺炎の病気は炎症および腫脹である前立腺組織。 20〜50歳の男性では、これが最も一般的な泌尿器疾患である。医師は、年齢とともに病気の数が増えると信じています。 30年後には、男性の30%が前立腺炎に苦しんでおり、40年後には40%、50年後には50%になります。したがって、家庭でどのように前立腺炎の治療法を知ることが重要です。

この疾患の最も頻繁かつ典型的な症状は次のとおりです。

下腹部、鼠径部、腰部および陰嚢の不快感および鈍い痛み;

尿道および会陰での燃焼の感覚;

- 排尿に関するさまざまな問題。

尿中の浮遊鎖の存在;

- 夜間の長時間の勃起

過度に急速な射精;

オルガズム中の感覚の - 恒常性;

- 疲労が増し効能が低下する。

- 疾患のさらなる合併症の期待に関連する抑圧。

治療する前に病気が疑われる場合家庭の前立腺炎では、医師に診て泌尿器科検査を受ける必要があります。初期段階では、この病気は家庭で治療されています。抗生物質の割り当て、会陰部の熱処置(温熱浴、温浴)、麻酔の坐剤。このような治療中は、アルコールを飲んで辛い食べ物を食べることはできません。この段階で、前立腺炎は10日以内に自宅で治癒することができます。しかし、これはあなたが予備的な健康診断を受け、医者があなたの場合に最も効果的な薬を選択した場合にのみ起こります。

合併症のない慢性型の疾患自宅での治療も行われますが、時間がかかります。自宅療養処置に加えて、リフレクソロジーと前立腺マッサージが行われます。病気のこの段階では、急性の食物とアルコールを完全に排除することが推奨されます。

伝統的な医学を用いた家庭における前立腺炎の治療:

- アスパラガスのショック。 あなたは強制することなく、喜んで飲むことができるほどのアスパラガスジュースを飲むことができます。原則として、良い結果を得るには、1日当たり少なくとも600 mlを飲むことをお勧めします。

- 尿による治療。 病気の初期段階では、前立腺尿の流出を防止し、尿管を圧縮し、250ミリリットル自身の尿を空腹時の朝を取ることをお勧めします。朝食はあまり豊富でなければなりません。このような治療は約1ヶ月間続く。

プロポリスによる治療 慢性疾患では、前立腺炎の治療プロポリス抽出物を用いて家庭条件を実施することができる。抽出物を調製するために、200mlのアルコール中で40gのプロポリスを蒸発させる。次に、2グラムのカカオバターと0.1グラムのプロポリス抽出物を採取し、この混合物からろうそくを調製する。 1日1回、夜間に直腸内に注入する必要があります。治療の経過は1〜2ヶ月間の中断で30〜2回、2〜3回行うべきである。

- ゲームのグースグラス。 このハーブから牛乳の煎じ薬が調製され、その優れた利尿特性のおかげで、前立腺炎の効果的な治療法です。

-Petrush - 種子。 第1の変形例によれば、パセリの種子予め粉砕した。次に、得られた粉末の4つのティースプーンを取って、沸騰した水のガラスを注ぎ、15分間沸騰させる。溶液はろ過され、1回のスプーンで1日4〜6回服用されるべきである。第2の選択肢では、1杯の種子が冷たい水のガラスの中に8時間置かれています。この解決策は、1日4回、1日4回飲酒する必要があります。それは前立腺の炎症に良いです。

- 飢えの治療。 これは、前立腺炎および肥満に推奨される。 しかし、自宅での前立腺炎の治療は、あなたのライフスタイルを完全に変えない限り、一時的な救済だけをもたらします。短時間の断食では、炎症を起こした前立腺のサイズを縮小するには十分ではありません。