子供のための薬 "Elkar"の使用のための表示。エキスパートレビュー

家と家族

出産した人は強制的に服用するいろいろな薬。小児の場合、小児科医は回復のための資金だけでなく、身体の様々な病気や病理学的プロセスを予防する目的で資金を処方しています。多くの場合、専門家は子供のために「Elkar」という薬を書きます。この薬のレビューは非常に異なっています。その適用後に否定的な効果が気づかれなかった場合、その行動は主に肯定的であるが、ツールがそれ自体を示さないことがある。

赤ちゃんレビューのためのエルカール

操作の原理

子供のための薬 "エルカール"(医者のレビューその有効性について話す)は、代謝を改善するために処方され、組織に酸素を供給する。薬物中の有効成分はレボカルニチンである。それは、グループBのビタミンと構造および作用が類似している天然の天然物質である。レボカルニチンは、様々なタイプの代謝プロセス、脂肪酸の転移に関与する。

薬物は、タンパク質および脂肪代謝を活性化し、胃液および腸液の分泌を改善する。医師は精神的および身体的活動の増加を期待し、子供のために「Elkar」という薬を任命する。親のレビューは、この効果が達成されたことを示しています。

薬剤は、腸に入ってすぐに吸収され、3時間後に最大濃度に達します。

使用の兆候

薬 "エルカール"は、体の最も異なる条件の下で処方されています。

子供にエルカールを与える方法

1.過度の肉体的、精神的ストレスで、効率を改善し、強さを回復し、疲労を軽減する。

外科的介入後の修復剤として、病気を移し、組織の再生を促進する。

3.特定の皮膚疾患の治療における複雑な治療の一環として。

4。 さまざまな起源の脳病変における神経学的障害。この適応症によれば、医師は子供のために「エルカール」という薬を処方することが最も多い。出産傷害の結果の薬物中和に関するレビューはポジティブです。

5. 16歳未満の子供の成長と体重の遅れ。

6.乳幼児の吸い込み効果の障害。

適用方法

子供に「エルカール」を与える方法は、その任命の理由。 3歳未満のお子様は医師の処方箋に厳密に従ってください。必要な薬量は、子供の体重と病気の程度に応じて計算されます。 3歳から6歳までの子供には、1日2回、5滴の「エルカール」が投与されます。

子供のためのElcarの投与量

6歳から12歳までの子供のための投薬量は、11〜16滴が1日3回滴下する。 1日あたりの最大投薬量は400-900 mg(子供の体重による)です。結果を達成するための治療コースは、1ヶ月以上続く必要があります。

禁忌および副作用

医薬品「ELKAR」子供の身体のほとんどないマイナスの影響が、いくつかのケースではアレルギー反応、腹痛を開始してもよいです。

この薬はまた事実上欠けている禁忌。 levokarnitinaや医薬品の副成分に個人的な不耐性を持つ人だけが薬を服用することはできません。