職場における労働安全、仕事の管理と組織

ビジネス

職場における安全は、職場における安全な職場づくりであり、3つの主な立場に基づいています。

- 労働の結果に対する従業員の健康と生命の優先順位。

- 生産における要件、関連する標準および文書の遵守。

- 職員に生産の安全文化を遵守させる。

産業における労働保護は、従業員の生活の維持、健康と働く能力を目的とした法的、組織的、社会的、経済的、科学的、技術的、医療的、衛生的、予防的対策の準備、承認、

労働保護の管理と組織

企業における労働安全の管理は(職業病)への貢献に寄与し、労働者の健康と生活を確保する分野における法律の要件を満たすための一連の相互に関連する活動で構成されています。

経営陣の主な目標は、従業員の安全に対する意識的態度の形成、既存の仕組みの改善、労働保護の管理における新しい仕組みの導入に必要な条件。

関係者間の相互作用のレベルは、職務記述には、規範文書、機能の重複の排除、明確な提出、責任と責任の明確な定義、権限の委任を伴う資格特性のディレクトリに基づいて定義されている。

職場での安全、仕事と職務

企業における労働保護を実施するための措置の開発と実施は、以下を確実にすることを目的とすべきである:

- 安全で健康的で適切な労働条件。

- 生産設備、設備、エンジニアリングネットワーク、建物の安全な状態でのメンテナンス。

- 安全な技術プロセスの維持;

- 人員保護手段。

- 技術プロセスを安全に管理する方法で各従業員の訓練を組織する。

- 労働保護の宣伝;

- 活動の状況の会計、分析、評価。

- 人員の強制保険。

- 最適な作業モードと休息モード。

- 衛生および国内サービス。

- 人員の医療および予防保守の組織化。

労働保護の仕事の組織

このプロセスには、生産のすべての段階における労働保護の会計、管理、評価、分析が含まれます。

各企業では、労働保護の改善と安全保障と職場環境の改善の分野で、活動と作業を計画し、資金を調達する必要があります。

重要な役割は、現代の教授援助訓練施設、教育訓練と質の高い職業訓練、労働者の訓練を提供する訓練施設の整備によっても行われる。

職場での労働保護とその違反に対する責任

労働保護、教育に関する法律違反公務員および労働組合の代表者の活動に対する障壁である場合、有罪を犯した従業員は適用法に基づいて説明責任を負う。

あらゆる事故の責任と職場で発生した職業病は、産業衛生規則の遵守を徹底せず、職業上の中毒事故の防止に適切な措置を講じなかった職員や規則に直接違反した職員によって負担される。