貨物運送人の権利と義務

ビジネス

当時の貨物輸送量は毎日そしてこれに伴い、フォワーダーとしての職業はますます普及しています。商品の仕方を追跡するこのスペシャリストは、運送業者の代理人であり、運送業者および運送業者のサービスを整理します。貨物輸送業者の任務は単なる貨物護衛ではなく、彼の輸送計画も計画しています。原則として、このスペシャリストは、任意の貨物(コンテナ、危険な、緩い、バルクおよび他の貨物)の輸送を調整することができます。そして、彼はどの地域でも特定の輸送手段を使うときには否定的で肯定的な側面を知る必要があります。貨物運送業者は、受け入れ可能な輸送手段を選択しながら、輸送計画を立てることができなければならない。また、貨物運送業者は、貨物の積み下ろし段階と貨物の現状を管理する責任があります。

フォワーダの職務

しかし、どんなに正確な計画であっても、道路上何かが起こることがあります。旅の途中で、環境、人の安全、製品の安全を脅かすような状況が発生したり、事故につながることがあります。次に、これらの状況を解決するために商品を輸送するのは貨物運送業者の責任です。まず第一に、彼は貨物輸送のために顧客に連絡し、彼の行動を彼と調整する必要があります。しかし、これがうまくいかなければ、彼は独立して行動する権利を持っています。同時に、貨物運送業者は、顧客に、その行為の必要性、合法性および必然性を説明しなければならないことを認識しています。

フォワーダの運転手の任務

また、貨物運送業者の職務倉庫内の物品の受け入れを含み及び添付書類の遵守を確認してください。彼はまた、パッケージの整合性を確認し、物資の輸送のために必要なツールの可用性を確認する必要があります。また、輸送に使用されるトランスポートのチェック衛生的な状態をフォワーダ。彼は個人的に積み降ろし、積み重ね、商品の配置を監督します。それから彼は彼を目的地に連れて行きます。そして、運送業者の義務に向かう途中で、必要な貨物のストレージモードを提供します。到着すると、彼は納入品を受け取り、すべての必要書類を準備します。彼はまた、貨物、その不足、および同様のトラブルへの損傷の行為の準備に参加しています。

まだかなり需要がありますドライバーフォワーダーの欠員。そして、このポストのための通常の運転経験は小さくなります。そのような専門家は、物品を目的地に配達するだけでなく、運送状を記入できるようにすべきである。フォワーディングドライバーの任務は、彼の給料に影響する通常の「ドライバー」のものよりも広い。すでに個人的には、運送状に応じて倉庫内の物品を受け取ります。同時に、ドライバーフォワーダーは荷物の完全性をチェックし、商品が車のボディに適切に梱包されているかどうかをチェックする必要があります。その後、貨物の全責任が彼の上に落ちる。そして、彼は、彼の受取人への配達の時までに彼に従います。そのような運転手は、商品の受領および出荷を確認する書類を正確に作成することができなければならない。

貨物運送業者の義務

職務に加えて、貨物運送業者は、権利。したがって、顧客の指示に別段の定めがない限り、ルート、下請け業者、車両を独立して選択することができます。貨物運送業者は、顧客から受け取った貨物に関する書類や情報を個別に確認することができます。そして同時に、矛盾が生じた場合には、その結果の結果に対する責任は、彼はクライアントの肩にシフトすることができます。また、貨物運送業者は、顧客自身が契約の命令または元の条件を変更してもはやそれらを実行することができなくなった場合に、既に行われた作業の支払いを受けながら契約を終了することができる。