資本の収益性

ビジネス

収益性 インジケータの相対値です。 これは、企業の収益性のレベルを特徴づけます。このインジケータは、一般的なビジネスの効率性を反映しており、特定の活動分野の収益性を示しています。収益性指標は、経済活動の実際の結果を利益を上げ、評価し、反映することができるため、財務分析で使用されます。その値は、消費されたリソースに対するアクティビティの結果の比率を示します。

財務分析は真のイメージを与え、ソルベンシー、収益性、開発の見通しを反映しています。このような分析のデータにより、将来の戦略的決定を行う際に特定の数値に頼ることができます。

収益性指標 様々な品種が非常に豊富です。 それらのすべては、異なる立場からの企業の効率によって特徴づけられる。これらの指標は、別々の領域で3つの主要なグループに分類することができます。これらには、製品の収益性、売上の収益性、資本利益率が含まれます。

株主資本利益率 または 株主資本利益率 書籍の利益または企業全体またはその個々の部分に投資された資本全体の平均コストに部分的な利益を与える。資本は自己、株式、借り入れ、恒久的、交渉可能、基本的、運営的などであることができる。

資本の収益性 銀行または企業 その財務指標である利益を生む資産の文脈における収益性を特徴づけ、利益をもたらす。これらの指標を分析すると、企業が保有するすべての資産が考慮されます。総資本利益率は以下のように計算されます。

資本収益率を計算するには、一定期間の売上高を決定する。情報は、出荷時および出荷された生産用に受け取った支払いの両方で考慮することができます。この問題の企業は、売り上げの量を決定する方法の都合から進めます。

次に、販売価格を決定する必要があります製品。これは、販売量を決定する方法の1つによって行われます。さらに、同じ期間の運営費(固定費)を決定する必要があります。一定期間に支払われる税額が計算されます。

その後、純利益が計算されます。 このため、生産コスト、営業費用、税金は販売数量から差し引かれます。計算のすべてのインジケータは、1つの測定単位(たとえば、数千ルーブル)に実行する必要があります。

この段階では、総資産の総資産は、企業の総負債と自己資本の合計です。今度は、資本収益率を計算することができます。これを行うには、純利益を総資産に分割する必要があります。

企業がその活動で活動している場合異なる財務指標を用いて、資本の収益性を別の方法で計算することができる。このために、売上の収益性に総資本の売上高を掛けます。

会社の所有者にとって最も重要なのは指標は資本利益率である。それは彼らが投資した資金の有効性のための主要な基準です。この指標は、貸借対照表の純資産対純資産の比率として計算されます。

収益性の分析により、品質を反映させることができます将来の見通しをご覧ください。したがって、分析では、指標の質とグループ分けによる正確なグループ分けに特に注意を払う。