個々の起業家、活動およびその内容

ビジネス

個々の起業家(IP) その広範囲の被験者に属し、その経済活動はロシア連邦の民法によって規制されている。したがって、どのような活動が利用可能であるかを正確に把握し理解することが重要であり、これらの種を占有する権利を登録する体制は何か。知られているように、市民の法的関係に完全参加している知的財産権には、市民権とそれに対応する責任があります。この基本的な声明に基づいて、彼らは法律の禁止に該当しない種類の経済活動に従事することができます。実際は、これらのタイプを占有するための許可を発行するための理解と手続き(ライセンスとパテント)と、この設計の手順です。この知識はすべての個々の起業家が所有する必要があります。

活動の種類、その分類:

- 通常のタイプの個々の起業家活動

- ライセンスに必要な、特許に該当する活動の種類。

- 経済団体のこのグループのために閉鎖された;

- 承認が必要です。

任意の市民が通常の種に権利を有するIPステータスの登録後に直接対処することは完全に自由です。それらを実装するには、調整やその他のライセンス手続きは必要ありません。このグループの種のスペクトルは非常に広く、ここではそれを簡単に解説することはできません。これらの種を特徴付ける唯一の条件は、市民の健康に害を与えたり、安全に脅威を与えるべきではないということです。この活動を行うために、特別な教育は必要なく、教育資格も全くありません。例えば、人口の清掃、居住の清掃から翻訳まで、さまざまなサービスを提供するなど、それは創造的な活動、出版、教育です。これらのタイプの活動には、個々の起業家によって実行される不動産と設備の賃貸、卸売業、運送が含まれます。

特別な認可が必要な活動は、ライセンス交付と呼ばれます。

ライセンスは特別なものですIPの基礎となる許可文書は、この種の経済活動を実行することを可能にする。そのような文書を発行する権利は、許可された当局に法律によって認可されたライセンス機関に属する。これらの機関のリストと、その実施が許可を必要とする活動の種類のリストは、現在の法令が2006年2月26日の文書No.45である瞬間、ロシア連邦政府によって設定されている。同氏は、医薬品の製造、私立探偵活動の組織化、海上および航空輸送などによる旅客および貨物輸送の実施など、知的財産に関する以下の事項を決定する。

個々の起業家、活動この文書を入手するための手順を踏まなければなりません。その内容、ライセンス機関への提出に必要な書類のリストは、ライセンスの発行を認可された執行機関の情報スタンドにあります。

個々の起業家が実行する権利がない活動のタイプもあります。

IPに関する活動は終了しました: 設計、開発、試験、軍用品の製造と販売、毒物、薬品の製造、販売、生産現在、アルコール関連活動が行われています。

また、実施する活動もあるIPはライセンスを必要としませんが、これらの領域を監督する権限を持つ権限を持つ当局との合意が必要です。これらには、SES、MES、およびその他のサーベイランスおよび制御サービスが含まれます。このようなIP活動の最も単純な例は小売業の組織です。